余ったクレンジングの活用法

クレンジング剤を使っていると微妙に余った最後の残りや肌に合わなくてたくさん残ってしまったものはありませんか。もったいなくてついつい捨てられず溜まってしまったクレンジング剤はこうして活用していきましょう!

どんなクレンジングタイプでも使えるのが、コスメアイテムの汚れ落としやシャツなどについたお化粧落としです。

顔のメイクを落とせるのですからコスメアイテムの洗浄にも使えます。汚れが気になっている人はクレンジング剤をつけてもみ込んだあと、ティッシュなどで拭くか水で洗えるものなら洗って流して乾かしてから使いましょう!

余っているクレンジング剤はキッチンでも大活躍します。オイルベースのメイクを落とすのに使うクレンジング剤は油汚れにも効果があるのです。

換気扇などの油汚れにもいいですし、そこまで大量に残っていない!というときにはぬるぬるがなかなか落ちない食器などに使ってみましょう。

他にもおへそのごまを取ったりひじやかかとの角質汚れを洗うのにも使えます。小さなお子さんの油性マジックでのいたずら描きもクレンジング剤で落ちてしまいます。

マニュキュアのリムーバーで落とすとシンナーのにおいが気になりますが、クレンジング剤なら顔につけるものなので安心で香りがよいものを使えば掃除したあとのにおいもよくなります。

クレンジング剤選びに迷っていて失敗した!なんていうときにはむしろラッキーと思って色々な用途に使ってみてください!そのときは目立つものや場所に使う前に一度目立たないところで試してから使ってくださいね。

メイクポイント毎に変えるクレンジング方法

顔全体を同じようにクレンジングしていませんか。同じようにクレンジングしているかどうかも気にしたことがなかったという人も多いかもしれませんが、メイクポイント毎にクレンジング方法を変えたほうがしっかりメイクも落とせ肌への負担も減らすことができますよ。

メイクポイント毎というのはアイメイク、リップ、チーク、おでこなどその他の4ポイントに分けてクレンジングしていきます。同じクレンジング剤を使っても落とせることもありますが、アイメイクが濃い、はっきりした落ちにくい口紅を使っているという時には専用のリムーバーを使うことをオススメします。

それぞれリムーバーなどを使って落としていくときには濃い部分から、全てを同じクレンジング剤で洗いたいときにはおでこなど、広く薄い部分から濃いめのメイクの順に進めていきます。細かい部分は綿棒などを使って丁寧に落とせればなおよいでしょう。

濃い部分から落としていくときには、マスカラを落とすためにクレンジング剤を含ませたコットンでまつげを挟んでおいておく間に、口紅ににも同じようにコットンでラップしクレンジングを浸み込ませていき、すっきりとメイクが落ちるように準備すると最後にぬるま湯で洗い流したときに一気にメイクを落とすことができます。

アイメイクはアイメイク用のリムーバーなど濃くなりがちな部分に専用のクレンジング剤を使い、広い範囲にはクリームやジェルタイプの肌にも優しいクレンジング剤を使うことで肌への負担を極力減らしていくようなクレンジングが理想ですよ!

朝クレンジングで肌が変わる

クレンジングは基本的にメイクを落とすものとして使うので夜しか使わないものと考えていませんか。朝にもクレンジングしたら肌に悪いのではと思った人はここを読めば考え方が変わるはずですよ。朝クレンジングは実は美肌を作る鍵となっているのです。

夜、スキンケアをして寝た肌は睡眠中に再生をしていらない皮脂や汚れ、紫外線などで受けた刺激をリニューアルしています。朝起きたときに顔の表面に皮脂が浮いていてテカテカしていたりザラザラ肌になっているのは肌がしっかりリニューアルした証です。

これら夜肌から排出された汚れを取るのは朝の洗顔ですが、この洗顔をクレンジングに変えることで効果的に汚れを落とすことができます。しかも洗顔は泡で洗うので指はつかないように洗いますが、クレンジングは指の腹を使って広げていくため肌の状態を感じやすいので、メイク前のケアをその日のパターンで変えることができてしまうのです。

オイルベースでできているメイクを落とすクレンジングと違って朝のクレンジングは汚れを落とす目的なので、クレンジング剤はオイルタイプではなくクリームやジェルタイプを使うのもポイントです。肌に負担をかけないクレンジングだからこそ朝に最適なのです。

気をつけてほしいのは敏感肌や乾燥肌の人です。これらの肌タイプの人はクリームやジェルタイプのクレンジング剤でも洗い過ぎてしまう可能性があるので、朝クレンジングは2、3日に1回程度にしておきましょう。数日に1回でも朝クレンジングを取り入れることで肌質がよくなってきたり、メイクノリのよさを感じられるはずですよ!

オリーブオイルでクレンジングができちゃうって本当?!

キッチンにあるオリーブオイルを使ってクレンジングする方法があります。

食用のものなので肌にももちろん安心して使うことができる優しいクレンジング方法なのですが、古いオイルを使ったり酸度の高いものは逆に肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。正しいオリーブオイルクレンジング方法を知って美肌を作っていきましょう!

オリーブオイルクレンジングに使えるオリーブオイルはなるべく精製度の高いものを使用したほうがよいでしょう。

キッチンにあるオリーブオイルでも大丈夫かどうかは腕などでパッチテストをして数時間おいておいても肌荒れがないかを確認してから顔に使いますが、心配なときには薬局で売っているオリーブ油を使うと安心です。

オリーブオイルクレンジングは500円玉大を手にとり人肌に温めてから指の腹を使って、小さな円を描くようにクルクルとのせていきます。

広げたらティッシュでトントンと拭き取っていき、ホットタオルを顔にのせ30秒程度蒸したらタオルでも拭き取ります。その後ぬるま湯で洗顔をしたあと洗い流せばおしまいです。

オリーブオイルでのクレンジングは汚れがすっきりと落ちるので汚れが入っていた毛穴にもオイルが入り込んでいます

クレンジング後の肌はワントーン明るくなるほどですが、オイルが毛穴に残るとニキビなどが発生してしまいます。オイルをしっかり落とすのを忘れずにオリーブオイルクレンジングを活用していきましょう。