石けんを塗ってこするだけのクレンジング

石けんを塗って優しくこするだけという嘘のようなクレンジング方法があります。普段からナチュラルメイクかスッピンで過ごしているがシングル洗顔でナチュラルメイクが落ちているか不安という人はこのクレンジングを試してみてはいかがでしょうか。

その正体が、引き算のシンプルスキンケアでスッピンでも過ごせる肌を目指す、というあきゅらいず美養品の「包石」という洗顔石けんと「あきゅ式クレンジング」という柔らかい布でできた洗顔クロスです。

洗顔石けんは固形のもので自然派だということやこだわりの原料が使われているというくらいで他と代わり映えしないのですが、クレンジング用の洗顔クロスは、がら紡糸という糸でできたねじれの少ない布は他にはない特徴的な商品です。

この石けんを顔にくるくるとすべらせて塗ったあと濡らしたクロスにも石けんをつけなでていったり、石けんを拭き取るような感じで洗うだけでクレンジングできてしまうようです。

ウォータープルーフタイプのメイクやがっつりメイクでなければ、これでクレンジング完了、その後同じ石けんで通常の洗顔をすればいいというコスパもよさそうなクレンジング方法ですね。

同じクロスでひじやかかとのがさつきもなで洗いをすることでつるつるになっていく効果も見られるようなので一度使ったらやめられないという人も多いようです。ちょっと変わったクレンジングで最初は大丈夫なの?と心配になってしまいそうですが、シンプルケアに興味のある人は試してみる価値はありそうです。

がっつりメイクは拭き取りでクレンジング

結婚式に出たときや仕事柄メイクはバッチリという人は拭き取りクレンジングという方法でメイクを落としていくのも効果的です。ただし拭き取りクレンジングは濃いメイクに有効ですがやり方を間違えると肌を傷つけてしまったり、過剰な刺激でひどいときには肌が赤くなってしまうこともあるので気をつけなければなりません。

拭き取りクレンジングといってもクレンジングシートを使うのではなく、ポイントリムーバーや普段使っているクレンジング剤とコットンなどを使えばよいので特別に何かを購入する必要はありません。いつも使っているものを使った方が肌にとっても刺激が少なくていいかもしれませんね。

拭き取りクレンジング方法は、ポイントリムーバーやクレンジングを手にとり体温で少し温めてからメイクの濃い部分にゆっくりと馴染ませていき、乳化させてからコットンやティッシュ、軽く濡らしてしぼったガーゼなどで拭き取るだけと簡単です。

簡単ではあるのですが、馴染ませるときにゴシゴシとこすってしまったり、コットンなどでの拭き取りの際に肌を傷つけてしまうことのないように細心の注意が必要な点が慣れるまで少し難しいと感じる点かもしれません。

コットンやティッシュは少し濡らして絞ったものや触ってかさかさしないようなタイプを使うとうまく拭き取れます。

拭き取りクレンジングはがっつりメイクをした日の濃いメイク部分だけを落とすので、その後はいつもの洗顔をする必要があります。再度クレンジングを顔全体に使う必要はありませんが皮脂やホコリなどの汚れは取れていないので洗顔料でさっぱりしましょう!

ナチュラルメイクはシングル洗顔

メイクをした日はダブル洗顔でしっかりクレンジングを使いメイクを落としてから皮脂など肌の汚れを落とすのが大切ですが、ナチュラルメイクやスッピンの時のクレンジングはシングル洗顔だけで十分ですよ!

シングル洗顔はクレンジング剤を使用せず洗顔料だけで洗い流すかクレンジングだけをするという洗顔方法です。基本的にクレンジング剤はメイクを落とすために作られているのでオイルベースのメイクを落とせるような成分が含まれています。

メイクを落とすための成分の中には肌の汚れであるホコリや皮脂などを落とす効果がないものや、メイクののっていない肌には強すぎるものもあるのでシングル洗顔でクレンジングだけを使うときには注意が必要です。

クレンジングの中でもクレンジングクリームやクレンジングジェルなどは肌にも優しい成分でできているものが多くあるので、シングル洗顔にクレンジングを使うならこうしたタイプを選んでおくといいかもしれません。

ナチュラルメイクをシングル洗顔で落とすからといって、洗顔料やクレンジング剤を長時間肌につけっぱなしにしてしまうのは必要のないダブル洗顔と同じくらいに危険です。クレンジングや洗顔料は汚れを浮かして洗い流すものです。

ゆっくりと指の腹を使って優しく円を描くように伸ばしていき、メイクしているなら顔が白くなってきて乳化したらあとはしっかり流すだけでいいのです。流すのにも手ですくって10回から20回くらいを目標に流しきりましょう。