お肌のためにできること

お肌のためにできること、したいことはできれば引き算の要領で考えていきましょう。特にあれやこれやと肌にいいものを端から試してしまったり、気づくと肌ケア用品がずらっと並んでいてどれをどう使うかよくわからなくなってしまうような人は、本当に今肌が必要としているものは何かを考えていくようにしましょう。

肌のために私たちができることは、肌サイクルや肌のターンオーバのサポートをし、肌が本来もっている力を引き出しつつ保護していくことです。どんなに肌によいとされるものを使っていても肌サイクルやターンオーバが乱れているうちは肌質が悪いままです。

まずは今のスキンケアを見直し、肌トラブルの原因となっているのは何かを突き止めましょう。原因になっていることがわかったら改善していきます。時には使い過ぎの無駄を減らし本当に肌に必要なものだけにしていくことでトラブルが解消されスキンケアコストを下げることにも繋がるかもしれません。

メイクの仕方に合わせたクレンジングにしたり、化粧水を長くつけすぎないようにしたり、お肌のためにできることは全て適材適所、自分の肌に合った方法があるはずです。口コミではなく自分のお肌の声を聞き必要な基本のケアをしていく、これだけを守っていれば肌トラブルが起きてもすぐに対処できるようになるはずですよ。

肌について知ること、基本のスキンケアを頭にいれておくこと、時には引き算の考え方で見直してみること、あなたもお肌のためにできることはまだまだあるかもしれませんよ。

お肌のためのクレンジング

メイクをしているならお肌のためにクレンジングは必要不可欠といえます。反対にいえば、メイクをしていない肌にクレンジングは必要ありません。クレンジングとは、メイクによって肌についている汚れ=化粧品を落とすものなのでメイクをしていない肌にクレンジングと洗顔をしてしまうと洗い過ぎになってしまうためです。

ではメイクをしているとクレンジングをしなければならない理由はなんでしょうか。メイク用品にもオーガニックのものがあったりと、自然由来のものを使ったものの多くありますが、肌にとっては余計なものがつけられている状態です。

いわば生活している上でどうしてもつくホコリや汗などによる汚れと同じなのです。そのメイクを落とさずに寝てしまうと肌の再生力が低下し、排出したいメラニンも排出できず肌に余分なものが蓄積されていってしまいます。

特に夜寝る前にはクレンジングをしてから寝た方がよいというのはこれが理由です。理由を知れば面倒に感じても必ずクレンジングは済ませて寝るようにできそうですよね。

そんなクレンジングもただクレンジング剤を使って洗い流せばいいわけではありません。ぬるま湯を使ったり、濃いメイクにはポイントリムーバーを使ってメイクポイント毎に落としていったりこすり過ぎず優しく洗うなど、たかがクレンジング1つをとっても肌にとっては気をつけたいことばかりです。

これまでさっぱりすればよい、鏡を見てメイクが落ちてればOKと考えていたならここでクレンジングについても考え直してみると肌質がよくなっていくかもしれませんよ!

スキンケアの基本

スキンケアの基本は、洗う・水分を補う・保湿するという3点だということはよく知られています。どんなケア用品を使っていてもこれらの3点を押さえていれば失敗したり肌トラブルが起こることも少なくなるはずです。

乾燥していたりニキビができているときはこれらの基本のどこかが足りないが過剰になっているケースが多いのです。ここでは今一度スキンケアの基本を見直してあなたの肌に起きているトラブルの原因を探ってみましょう。

まず、肌についている汚れを落とす「洗う」時のポイントは洗いすぎないことにあります。洗いすぎないとは、一日に何度もクレンジングや洗顔料を使って洗うこともそうですが、夜の洗顔の際にこすりすぎたり長時間洗顔料を肌にのせていることも洗い過ぎに繋がり肌を傷つけているかもしれません。

次に「水分を補う」時には、肌を傷つけないよう指の腹をつかってトントンとなじませるようにして化粧水などをつけていくことがポイントです。水分をじっくり浸み込ませたいからと長時間パックをしたりしても実は意味がないどころかより乾燥を招くことにもなってしまうので注意が必要です。

最後に「保湿する」ことでせっかく補給した水分が逃げたり、肌の再生中に水分が飛んでいってしまうことを防ぎます。保湿はすぐに蒸発してしまう水分が肌に留まるようにする役割なのでたくさんの量は必要ありません。

保湿方法で間違えると、上手に洗えてしっかりと水分を補えていても無駄になってしまうので一番気をつけたいケアでもあります。

スキンケアの基本を見直してすっきりと肌トラブルをケアしていきましょう!

肌サイクルって何

肌サイクルはご存知ですか。肌サイクルとは、簡単にいえば肌が生まれ変わる一定の周期のことです。皮膚は基底層という部分で生まれ肌表面でくると角質になり最後は垢として排出されます。これを肌のターンオーバと言い、それが一定の周期で起こっています。

ターンオーバの周期は28日前後でやってきます。そしてその肌の再生は夜寝ている間に起こっており、特に22時から2時までの4時間が肌の生まれ変わる力が発揮される時間で肌のゴールデンタイムと呼ばれています。

ゴールデンタイムに肌が再生していくにはメラニンという成分が必要です。このメラニンは日中の紫外線から肌に蓄積していて、睡眠中に肌を守る役割を果たす力をつけ日中の刺激から身を守れるようになります。紫外線は水分を壊してしまうのでメラミンでしっかり肌を保護していないと乾燥肌になってしまいます。

メラニンがなければ肌は自分を守ることができませんが、逆に排出がうまく行われないと蓄積していきシミとなってしまいます。メラミンの排出が行われるのも肌の再生中なのでゴールデンタイムに睡眠をとっておくことが大切だとされているのです。

このことがわかっているだけで寝る前のケアの大切さや肌の状態がよくないときに睡眠が足りていないのかな、など原因を自分で特定できるようになりますよ。

肌サイクルはお肌の知識の中でも基本中の基本にあたる部分で、一番大切な部分でもあります。まずはこのことさえ知っていれば肌が何層でできているのか、角層はどこにあるのかなど詳しいことを知らなくても自分なりのケアを考えていくことができるので覚えておきましょう!