クレンジングで防ぐインナードライ肌

一生懸命洗っているのにニキビが治らない、肌がテカっているのに化粧のりが悪くカサカサと粉をふくことがある、常に肌が堅くてざらざらしている、これらに心当たりのある人はインナードライ肌かもしれませんよ。知って納得、知らないと怖いインナードライ肌対策のクレンジング方法で肌の質を高めましょう!

インナードライ肌とは、肌表面はテカっていたり脂っぽいのに肌の内部が異常に乾燥している状態のことです。脂性肌と勘違いしやすいので対策を間違ってしまうことも多いので注意が必要です。

インナードライ肌かもと思ったらクレンジング剤をオイルベースのものからクリームやジェルなど刺激の少ないものに変えましょう。クレンジングオイルは肌の水分も洗い流してしまう可能性もあるので、ケアが難しいクレンジング剤なのでまずは肌の状態をよくするために刺激の少ないもののほうが効果的です。

肌の内部に水分が足りないのでなるべく水分を補給し保湿することが大切です。クレンジングで肌の汚れやメイクを落としきるのも大切ですが、それ以上にその後のスキンケアを忘れないようにすることが肝心です。クレンジングもクリームやジェルにすることで水分補給を同時にできるようなものなら安心ですよね。

インナードライ肌を防ぐためのクレンジング方法は、クレンジング剤のタイプを変えることとしっかりクレンジングを落とすことにあります。また肌を傷つけないように優しく洗うことも必要です。低刺激のクレンジング剤を選ぶので濃いメイクのときにはその部分だけ専用のリムーバーなどを使って落としていきましょう。

日焼け止め、あなたはちゃんと落とせてる?

紫外線の気になる季節はもちろん、一年中使っているという人もいる日焼け止めは肌のケアにははずせない肌を守るアイテムですよね。そんな日焼け止め、ちゃんと落とせているのか気にしたことはありますか。

肌を守る日焼け止めも役目を終えた夜にしっかり落としておかないと肌トラブルの原因にもなってしまいます。せっかく肌を守るために使う日焼け止めで肌トラブルを引き起こさないために、日焼け止めを落とすクレンジング方法についてまとめました。

日焼け止めは汗やプールや海などのレジャーの際にも落ちないようにウォータープルーフになっているものも多く、真夏の日差し対策のものはUVケア効果も高くなっています。そうした日焼け止めは普通のクレンジングではなかなか落としきれないのですが、ほとんどの日焼け止めが色が目立たないので落とせているかどうかがわかりにくいのが難点です。

UVケア効果の高い日焼け止めを使っていたりウォータープルーフのものなら、日焼け止め専用のクレンジング剤を使うのも効果的です。これを使えば日焼け止めもしっかり落ちるので安心できます。

いつも使っているクレンジング剤を使いたいなら、使う前に顔も温めてからクレンジング剤を広げ、そのままお風呂へ入り湯気の立っているような温かい湿気たっぷりの中で洗い流していきます。先に桶にお湯をはっておくとすぐに洗い流せるので肌にクレンジングを長時間のせておく心配もありません。

日焼け止め用のクレンジング剤をわざわざ買いたくない、と思うなら普段使っているクレンジング剤で落とせるこちらの技を試してみてくださいね。

落ちないアイメイクはこう落とす

アイメイクはしっかりとつけることも多く、濃くなりがちな部分です。濃くなると必然的にクレンジングしにくくなるのですが、そんなアイメイクもポイントを押さえて落としていけばすっきり落とすことができますよ。

ウォータープルーフのアイメイクを使っているなら専用のクレンジング剤やリムーバーを使うのが最も効果的ではありますが、それぞれ揃えていたら結構な出費になってしまうのでできればいつも使っているクレンジング剤で落としていきたいですよね。

そんな時には、綿棒やコットンを活用していきましょう。クレンジング剤は長時間肌にのせていないほうがいいのですが、どうしても落ちないマスカラには5分程度コットンに浸み込ませたクレンジング剤をのせておくのが効果的です。なるべく肌に直接つかないようまつげとまつげを挟み込むようにするのが理想なので、コットンが厚いときには薄くして使うとよいでしょう。

目の周りのアイラインなら綿棒とクレンジング剤を活用しましょう。こすらずトントンと優しくクレンジング剤をつけていくようにしてアイラインを浮かせていくようにすることがポイントです。

まぶたの上のアイシャドウにはコットンにつけたクレンジング剤をこれも優しくトントンとつけていきますが、アイラインよりもゆっくりやることでじんわり浸み込ませてメイクとクレンジング剤が馴染むようにしていきます。

どれもあまり時間をかけずに長くても5分以内に洗い流せるようにしていきましょう。ちょっと手間はかかりますがこれですっきりしっかり濃いアイメイクも落としていけるはずです。

毛穴の黒ずみをクレンジングで解決

毛穴の黒ずみに悩まされている人が多くいるのは、検索したときのヒット数からもわかります。毛穴黒ずみで調べるとたくさんの解消法が出てきますが、ここではクレンジングで解決する方法をご紹介します。

毛穴の黒ずみが目立つ原因は様々ですが、毛穴に汚れがたまっていて毛穴が開いていることで黒い汚れや皮脂の白い部分が見えている状態です。毛穴の黒ずみをなくすにはまず汚れを落とし、その後毛穴を引き締めて汚れが入りにくくし皮脂が出てきたときに目立たないようにする必要があります。

クレンジングには毛穴の汚れを落とす効果が見込めます。本来は普通にクレンジングや洗顔をしただけでも毛穴の汚れは落ちていくはずですが、毛穴の黒ずみが気になっている人はこの汚れがなかなか落ちていきません。汚れが落ちやすくするには、よく言われていますが温めて毛穴を開くのが効果的です。

濡らして固く絞ったタオルをレンジで40秒ほどチンしてホットタオルを作ったら鼻を中心に顔にのせポカポカとしてきたらタオルを外します。こうすることで毛穴が開くのでクレンジングをすると汚れが落ちやすくなります。

その後毛穴を引き締めるのに氷で一気に引き締める方法もありますが冷たい水などでも大丈夫です。引き締めたあとで化粧水などのスキンケアも必ずしておかないと乾燥肌などの原因となってしまいます。

毛穴の黒ずみが気になるときに絶対やってはいけないのが、ゴシゴシとこすったり毛穴の汚れが落とせた時にその後のケアを怠ってしまうことです。ゴシゴシこすらずクレンジング自体は優しく、その前後のプラスケアで悩みを解消していくようにしましょう。