013

濃いメイクのクレンジング方法

濃いメイクのクレンジングの際には間違ったクレンジング方法をしてしまいがちです。肌トラブルに悩まされている人は、きちんとした方法でメイクを落とせているかどうかをチェックしましょう。

濃いメイクのときにやってしまうNGクレンジング方法とは、こすり過ぎ、長時間クレンジング剤をおいている、肌全体を同じようにクレンジングしている、同じクレンジング剤を使ってアイメイクから落としその後全体を落としているというようなケースが挙げられます。一つでも当てはまったら、そのNG行動はいますぐにやめて正しい方法にしていきましょう。

濃いメイクの落とし方は、2種類のクレンジング剤を使って落としていきましょう。舞台役者のように顔全体に厚塗りをしているのでない限り、アイメイクとその他の部分に分けてクレンジングをします。

できればアイメイクを落とす専用のクレンジング剤やリムーバーを使ってアイメイクを落としていきます。全体を同じクレンジング剤で落としたいときには反対でアイメイク以外の部分の広げたあとでアイメイクにかかります。

これはアイメイクの色素が全体に広がらないようにするためで、色素沈着などを防ぎます。この順番を守り、あとは普通のクレンジングと同様の注意点に気をつけて洗っていけば大丈夫です。

メイク残りが気になるときには気になる部分だけを再度洗うようにして全体を何度も洗うことのないようにしていきましょう。できれば一度で済ませたいのでメイク残りがあるときにはもう少し強い洗浄力のクレンジング剤に変えていくようにしましょう!