011

気持ちいいくらいの使い心地のクレンジングクリーム

オイルのべたつきが気になるなら使い心地のよいクレンジングクリームがオススメです。クリーム状になっているので肌との摩擦も少なく伸びやすいので敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使うことができます。

クレンジングオイルは乳化させたりと少しコツが必要ですが、クレンジングクリームは誰でも簡単に使えることも特徴です。また、洗い上がりがしっとりとするのも魅力の一つとなっています。

洗い上がりのしっとりはクリームならではの感触ですが、脂性肌の人はこのしっとりがべたつきに感じることもあるので、使ってみてしっとりが気持ちいいと感じるかどうかで判断してみましょう。洗い上がりはさっぱりよりしっとりがいい人や冬場の乾燥が気になる季節にはしっとりさせたいなど使い分けて使うのもいいかもしれませんね。

クレンジングクリームを使うと、肌に負担をかけない分、濃いメイクは落ちにくいというデメリットもあります。クリームなのでオイルベースのメイクと馴染むのに表面部分でしか馴染まず薄いナチュラルメイクならそれでも十分ですが、しっかりメイクしていると全部が落ちていないこともあります。

リムーバーと併用したり濃いメイクの部分だけオイルベースのものを使うなど工夫も必要ですが、普段からナチュラルメイクでしっとりした使い心地がよいという人にはピッタリのクレンジング剤です。

使い方はクレンジングの基本通り手のひらに出して温めてから顔に広げていきます。クリームタイプは特に広がりやすいので手の平全体にクリームを伸ばしてから顔を包み込むようにしてつけていくのもポイントですよ!