018

クレンジングで防ぐインナードライ肌

一生懸命洗っているのにニキビが治らない、肌がテカっているのに化粧のりが悪くカサカサと粉をふくことがある、常に肌が堅くてざらざらしている、これらに心当たりのある人はインナードライ肌かもしれませんよ。知って納得、知らないと怖いインナードライ肌対策のクレンジング方法で肌の質を高めましょう!

インナードライ肌とは、肌表面はテカっていたり脂っぽいのに肌の内部が異常に乾燥している状態のことです。脂性肌と勘違いしやすいので対策を間違ってしまうことも多いので注意が必要です。

インナードライ肌かもと思ったらクレンジング剤をオイルベースのものからクリームやジェルなど刺激の少ないものに変えましょう。クレンジングオイルは肌の水分も洗い流してしまう可能性もあるので、ケアが難しいクレンジング剤なのでまずは肌の状態をよくするために刺激の少ないもののほうが効果的です。

肌の内部に水分が足りないのでなるべく水分を補給し保湿することが大切です。クレンジングで肌の汚れやメイクを落としきるのも大切ですが、それ以上にその後のスキンケアを忘れないようにすることが肝心です。クレンジングもクリームやジェルにすることで水分補給を同時にできるようなものなら安心ですよね。

インナードライ肌を防ぐためのクレンジング方法は、クレンジング剤のタイプを変えることとしっかりクレンジングを落とすことにあります。また肌を傷つけないように優しく洗うことも必要です。低刺激のクレンジング剤を選ぶので濃いメイクのときにはその部分だけ専用のリムーバーなどを使って落としていきましょう。