003

お肌のためのクレンジング

メイクをしているならお肌のためにクレンジングは必要不可欠といえます。反対にいえば、メイクをしていない肌にクレンジングは必要ありません。クレンジングとは、メイクによって肌についている汚れ=化粧品を落とすものなのでメイクをしていない肌にクレンジングと洗顔をしてしまうと洗い過ぎになってしまうためです。

ではメイクをしているとクレンジングをしなければならない理由はなんでしょうか。メイク用品にもオーガニックのものがあったりと、自然由来のものを使ったものの多くありますが、肌にとっては余計なものがつけられている状態です。

いわば生活している上でどうしてもつくホコリや汗などによる汚れと同じなのです。そのメイクを落とさずに寝てしまうと肌の再生力が低下し、排出したいメラニンも排出できず肌に余分なものが蓄積されていってしまいます。

特に夜寝る前にはクレンジングをしてから寝た方がよいというのはこれが理由です。理由を知れば面倒に感じても必ずクレンジングは済ませて寝るようにできそうですよね。

そんなクレンジングもただクレンジング剤を使って洗い流せばいいわけではありません。ぬるま湯を使ったり、濃いメイクにはポイントリムーバーを使ってメイクポイント毎に落としていったりこすり過ぎず優しく洗うなど、たかがクレンジング1つをとっても肌にとっては気をつけたいことばかりです。

これまでさっぱりすればよい、鏡を見てメイクが落ちてればOKと考えていたならここでクレンジングについても考え直してみると肌質がよくなっていくかもしれませんよ!