クレンジング【ランキング】

おすすめのクレンジングをランキング形式で紹介します。

 

一位 マナラホットクレンジングゲル

 

namara1

namara2

日本中で売れてる今、NO.1のクレンジングです。

特に毛穴の黒ずみや開きなどが気になる人は、特に人気になっています。汚れを落とすために、力はいりません。

角質を柔らかくして頑固な毛穴汚れを、するっと根こそぎからめ取ってくれます。

W洗顔不要で簡単便利。美容液成分がたっぷりで肌に負担が少ないのも魅了です。

商品に満足できなければ、返品できます。45日間返品保証付き

人気度:review_5

arrow_orangeお得な特集ページをチェックする!

 

r2

duo1

大手の口コミサイトで一位獲得の大人気クレンジングです。

特徴は、肌に乗せたら、とろりとろける新感覚のクレンジングです。

W洗顔不要でクレンジングなのに、洗い上がりがまるでエステ帰りの様なツヤ肌にしてくれます。

まだ、W洗顔不要のクレンジングが未体験の方は、是非、チェックしてみてください。

 人気度:review_4

arrow_orangeお得な特集ページをチェックする!

 

r3

furiru

クレンジング本来の機能を充実させた無添加クレンジングです。

肌の調子が良くない原因の一つに、メイク汚れを確実に落せていないとが考えられます。

品質の悪いW洗顔不要のクレンジングがその要因の一つかもしれません。クレンジング本来の機能を充実させたのが、エステ品質のクレンジングです。

クレンジング後は、洗顔料で洗顔してください。

人気度:review_4

arrow_orangeお得な特集ページをチェックする!

 

r4

fankeru

ファンケルの大人気クレンジングオイルです。

ファンケル無添加と言えば無添加です。もちん、このクレンジングも無添加です。

強力なクレンジング力でこすらずに素早くメイクを落とすことができます。

オイルクレンジングなのに洗い上がりが、サッパリしています。

クレンジング後は、姉妹商品の「ファンケル・洗顔パウダー」で洗顔するのがおすすめです。

 人気度:review_3

arrow_orangeお得な特集ページをチェックする!

 

r5

orubisu

オルビスの美容液のようなクレンジングです。

ノンオイルにこだわるオルビスのノンオイル・クレンジングです。

ノンオイルなので、ヌルつかずに、すすぎがとても素早く簡単です。

しかも、メイク浮きが早いのが人気の秘密です。

人気度:review_3

arrow_orangeお得な特集ページをチェックする!

 

 

エスト ポイントメイクアップリムーバー

濃いメイクを落とすにはポイント毎に変えたクレンジングが必要です。そんなときに活躍するリムーバーの中でも口コミで人気が高いのが花王エストのポイントメイクアップリムーバーです。

オイルと化粧水成分の二層式になっているリムーバーなので、メイクもさっと浮かせて落ちやすく肌にもあまり負担をかけないようになっています。

敏感肌の人は使う前に目立たないところで試してから使用することをオススメしますが、口コミを見ると刺激も少ないのであまり心配はなさそうです。

花王のエストシリーズといえば、ちょっと高級な化粧品のイメージがありますが、ポイントメイクアップリムーバーは1,200円(税抜)とお手頃価格なのも人気の秘密かもしれません。

ポイントメイクが濃いときにその部分だけに使うので使用量も多くなく長く使えるので1,200円でも数ヶ月もつ人もいるようです。

ポイントメイクアップリムーバーは、コットンなどに浸み込ませてメイクを拭き取っていきます。濃いメイク部分に使用するのですが、マスカラなど特に落ちにくいところはコットンなどでしばらくおいておいたほうが落ちはよくなるようです。

気をつけるポイントは、拭き取りの際にこすりすぎないことです。トントンと軽くたたくようなイメージでメイクを拭き取っていきます。こすってしまうと肌を傷つけてしまい肌荒れの原因になってしまいます。

リムーバーで濃い部分を落としたら、全体を別のクレンジング剤を使って落としていきますポイントメイクを落とすために少し強めの成分が使われているので、その後のケアはしっかりとしておきましょう!

はしかた化粧品 化粧落とし

皮膚科医である女性が作ったというドクターズコスメのはしたか化粧品の化粧落としは、低価格と化粧落ちのよさ、肌への優しさから人気急上昇中のクレンジング剤です。ジェルタイプのクレンジング剤の中では口コミでもトップクラスの人気を誇っています。

メイクも脂質などの肌の汚れも落とせ、皮膚科医が作っただけあって肌を健やかに保てるような成分が配合されているので使ったあとの肌質がよいと好評です。

その後のスキンケアはもちろん必要にはなりますが、クレンジング後の肌の突っ張りを感じないのは安心感がありますよね。

メイクに合わせた使い分けができるので、濃いメイクの時でもナチュラルメイクのときでも同じ化粧落としを使って落とすことができるのも嬉しいところです。

濃いメイクをするときもある人や仕事柄メイクをしっかりする人でもリムーバーを使ったり、ポイント毎にクレンジングをしなくても、これ一つあればクレンジングできてしまうとしたらかなりの時短にもなります。

しかも内容量150gで500円とコスパの高さは図抜けています。送料が5,000円以上から無料となるので他のスキンケアアイテムも合わせて送料無料にするか、全国一律500円とのことなので1つだけ購入しても1,000円で済んでしまいます。いくつかまとめ買いをしたり友達と合わせて購入して10個買えば5,000円以上になるのでお得な買い方も工夫次第でできそうです。

肌にも安心で低価格、2大嬉しいポイントのつまったはしかた化粧品の化粧落とし、人気の理由も納得です。どんな肌質でも、メイクの度合いにも関係なく使えるクレンジング剤はどんな人にもオススメのアイテムですね。

テラクオーレ ダマスクローズクレンジングミルク

オーガニックのクレンジング剤の中でも、クレンジングミルク部門で口コミ評価の高いのがテラクオーレのダマスクローズクレンジングミルクです。

クレンジングミルクはダブル洗顔の必要もないほどの洗浄力なのにオーガニックだということで、ダマスクローズシリーズの中でも特に人気があるのです。

ダマスクローズの香りに好き嫌いが分かれるようですが、これまでローズの香りが苦手だった人でも抵抗なく使えたという例も多いようなので、香りで敬遠していた人も一度試してみるといいかもしれませんよ。

クレンジングも洗顔が一気に出来るため肌への負担も少なく、オーガニック系でミルクタイプなので敏感肌や乾燥肌の人に向いているクレンジング剤です。テラクオーレのサイトで購入すると送料無料、3,780円で1〜1.5ヶ月使用できる量なのでコスパも悪くありません。

洗顔料としても使えるので夜だけでなく朝のクレンジングや洗顔にも安心して使うことができます。

夜のほうがメイクの分少し多めの量で洗うことが推奨されていますが、ダブル洗顔用にもう1アイテムを買ったり何度も洗う手間がない分お得に感じられそうです。

肌へ負担をかけず、メイクや汚れを落とすだけでなく潤いも補給できるので忙しいときでもこれさえあればスキンケアも楽チンですね。

適量を手に取り馴染ませたあとぬるま湯で落とすだけとクレンジング方法も簡単なので次はどうするんだっけと手が止まることもありません。

オーガニックコスメで選ぶならダマスクローズの香りのクレンジングミルクも使ってみる価値がありそうですね!

資生堂 クレームデマキアントn

資生堂から販売されているクレドポーボーテシリーズのクレンジングクリームがクレームデマキアントnです。クリームタイプなので肌に優しく、メイクを落としながら肌のキメを整えたりとケアもでき、使用感が気持ちいいと人気のクレンジング剤です。

香りも特徴的なクレームデマキアントは天然のバラとランを調香しているので香りにこだわりたい人にもピッタリなクレンジングです。クリームタイプは肌に優しいので敏感肌や乾燥肌の人にオススメですが、濃いメイクは落ちにくいのでナチュラルメイクの時に使いましょう。

拭き取りも水で流すこともできるタイプなので、時間のないときや外出先でポイントを直したいときにも活躍します。ティッシュで拭き取るのにはこすったりしないようにと少しコツが必要なので不安な人はぬるま湯で落とすようにしたほうがよいでしょう。

内容量は125gで6,000円(税抜)とやや高めですが、この量で2.5ヶ月使えるようなので1ヶ月あたり2,400円と考えるとそこまでの負担にもならなそうです。この価格は定価の値段なので、ネット通販やドラッグストアなどではもう少し安く手に入る可能性もあります。

スキンケア用品は全てそろえると数も多くなりますが、それぞれを色々なシリーズでそろえるよりも同じシリーズで合わせたほうが効果も高くなることが多いようです。クレドポーボーテシリーズを購入するときには、クレンジングはクレームデマキアントnにすると肌にも負担が少なく使用感もよいようなのでオススメですよ。

もちろんクリームタイプのクレンジングとして単品購入でもオススメの一品です!

シーヴァ 発酵美容クレンジング

クレンジングなのに、洗顔、化粧水、ビーリング、美容液と5役を兼ねそろえた拭き取りタイプのクレンジング剤がシーヴァの美しさをという発酵美容クレンジングです。その手軽さから人気が高まり、今注目のクレンジング剤です。

発酵美容クレンジングというあまり聞いたことのない種類ですが、発酵エキスが入ることで、メイクを落とすのはもちろん毛穴の黒ずみなどの汚れも落とせ、保湿やエイジングケアまでできてしまうという優れものです。

これ一本で夜のスキンケアが完了してしまうので忙しい人にピッタリの商品となっています。

これまでのスキンケア商品には、化粧水から保湿液、美容液などが一体となったオールインワンタイプのものはありましたが、洗顔やクレンジングも兼ねたものは類を見ないので画期的なアイテムといえそうです。

価格も1本300mlで送料込み3,400円(税抜)と手頃です。1本で約3ヶ月使用できるようなので1ヶ月あたり1,000円でスキンケアが全て終わると考えるとコスパは相当高いと考えられます。

しかも2本セットで買うと1本あたりが2,650円になったり定期購入すると割引があったりとお買い得なセットやコースもあるので使い続けやすいのも魅力です。

ウォータープルーフも落ち、洗い流しも不要、まつげエクステをつけてても外れる不安がない上に保湿までできてしまうので、旅行にもこれ1本あれば済んでしまうと好評のようです。

とにかくスキンケアには時間をかけたくないと思っている人は一度試してみるといいかもしれませんね。

ファンケル マイルドクレンジングオイル

オイルなのに水に濡れていても使えるので、お風呂やシャワーに入りながらクレンジングできてしまう便利アイテムとして人気なのが、ファンケルのマイルドクレンジングオイルです。しかも、オイルなのにヌルヌルせずに流しやすいことから肌にもよいと評判なようです。

クレンジングの際にはこすらないように気をつけなければならないとわかっていても、特にクレンジングオイルの場合、ゴシゴシとこするようにメイクを落としてしまいがちです。その原因はなかなかメイクに馴染まず落ちた感じがしないところにあるのですが、マイルドクレンジングオイルはメイクとすぐに馴染み、水で洗い流すときにもすっと流れることで肌への負担を減らしています。

通信販売で初めて購入の人限定でハーフサイズという60mlのボトルが送料無料の500円で購入できるので使い始めやすいことも人気が高くなっている理由かもしれません。通常価格は120mlのボトルが1,836円(税込)と低価格なのも嬉しいところです。

120mlで約60回分とのことなので1日1回夜のメイ落としに使っていても2ヶ月もつので1ヶ月約918円です。スキンケア用品は色々買うとお財布にも負担がかかってくる中で使い続けられる価格帯ですねよね。

無添加のクレンジングオイルなのでオイルでありながらも敏感肌の人でも使えるものとなっているので、敏感肌だけど今日はメイクが濃くてしっかり落とせるクレンジング剤が使いたい!という人にもピッタリな商品といえそうです。

余ったクレンジングの活用法

クレンジング剤を使っていると微妙に余った最後の残りや肌に合わなくてたくさん残ってしまったものはありませんか。もったいなくてついつい捨てられず溜まってしまったクレンジング剤はこうして活用していきましょう!

どんなクレンジングタイプでも使えるのが、コスメアイテムの汚れ落としやシャツなどについたお化粧落としです。

顔のメイクを落とせるのですからコスメアイテムの洗浄にも使えます。汚れが気になっている人はクレンジング剤をつけてもみ込んだあと、ティッシュなどで拭くか水で洗えるものなら洗って流して乾かしてから使いましょう!

余っているクレンジング剤はキッチンでも大活躍します。オイルベースのメイクを落とすのに使うクレンジング剤は油汚れにも効果があるのです。

換気扇などの油汚れにもいいですし、そこまで大量に残っていない!というときにはぬるぬるがなかなか落ちない食器などに使ってみましょう。

他にもおへそのごまを取ったりひじやかかとの角質汚れを洗うのにも使えます。小さなお子さんの油性マジックでのいたずら描きもクレンジング剤で落ちてしまいます。

マニュキュアのリムーバーで落とすとシンナーのにおいが気になりますが、クレンジング剤なら顔につけるものなので安心で香りがよいものを使えば掃除したあとのにおいもよくなります。

クレンジング剤選びに迷っていて失敗した!なんていうときにはむしろラッキーと思って色々な用途に使ってみてください!そのときは目立つものや場所に使う前に一度目立たないところで試してから使ってくださいね。

メイクポイント毎に変えるクレンジング方法

顔全体を同じようにクレンジングしていませんか。同じようにクレンジングしているかどうかも気にしたことがなかったという人も多いかもしれませんが、メイクポイント毎にクレンジング方法を変えたほうがしっかりメイクも落とせ肌への負担も減らすことができますよ。

メイクポイント毎というのはアイメイク、リップ、チーク、おでこなどその他の4ポイントに分けてクレンジングしていきます。同じクレンジング剤を使っても落とせることもありますが、アイメイクが濃い、はっきりした落ちにくい口紅を使っているという時には専用のリムーバーを使うことをオススメします。

それぞれリムーバーなどを使って落としていくときには濃い部分から、全てを同じクレンジング剤で洗いたいときにはおでこなど、広く薄い部分から濃いめのメイクの順に進めていきます。細かい部分は綿棒などを使って丁寧に落とせればなおよいでしょう。

濃い部分から落としていくときには、マスカラを落とすためにクレンジング剤を含ませたコットンでまつげを挟んでおいておく間に、口紅ににも同じようにコットンでラップしクレンジングを浸み込ませていき、すっきりとメイクが落ちるように準備すると最後にぬるま湯で洗い流したときに一気にメイクを落とすことができます。

アイメイクはアイメイク用のリムーバーなど濃くなりがちな部分に専用のクレンジング剤を使い、広い範囲にはクリームやジェルタイプの肌にも優しいクレンジング剤を使うことで肌への負担を極力減らしていくようなクレンジングが理想ですよ!

朝クレンジングで肌が変わる

クレンジングは基本的にメイクを落とすものとして使うので夜しか使わないものと考えていませんか。朝にもクレンジングしたら肌に悪いのではと思った人はここを読めば考え方が変わるはずですよ。朝クレンジングは実は美肌を作る鍵となっているのです。

夜、スキンケアをして寝た肌は睡眠中に再生をしていらない皮脂や汚れ、紫外線などで受けた刺激をリニューアルしています。朝起きたときに顔の表面に皮脂が浮いていてテカテカしていたりザラザラ肌になっているのは肌がしっかりリニューアルした証です。

これら夜肌から排出された汚れを取るのは朝の洗顔ですが、この洗顔をクレンジングに変えることで効果的に汚れを落とすことができます。しかも洗顔は泡で洗うので指はつかないように洗いますが、クレンジングは指の腹を使って広げていくため肌の状態を感じやすいので、メイク前のケアをその日のパターンで変えることができてしまうのです。

オイルベースでできているメイクを落とすクレンジングと違って朝のクレンジングは汚れを落とす目的なので、クレンジング剤はオイルタイプではなくクリームやジェルタイプを使うのもポイントです。肌に負担をかけないクレンジングだからこそ朝に最適なのです。

気をつけてほしいのは敏感肌や乾燥肌の人です。これらの肌タイプの人はクリームやジェルタイプのクレンジング剤でも洗い過ぎてしまう可能性があるので、朝クレンジングは2、3日に1回程度にしておきましょう。数日に1回でも朝クレンジングを取り入れることで肌質がよくなってきたり、メイクノリのよさを感じられるはずですよ!